命を守る決意。すべての人が安全・安心して生活できる平和な日本へ。

日々の出来事や、今一番熱い思いを綴ります。

ブログ一覧


お知らせNews

2010年04月21日

一般社団法人日本救急救命士協会HPを公開

一般社団法人日本救急救命士協会のHPが公開されました。URLは、
http://www.paramedics.jp です。ぜひ、ご覧ください。

2010年03月20日

一般社団法人日本救急救命士協会設立趣意書

救急医療の最前線を担う専門職である救急救命士が我が国に誕生して約20年が経過しようとしています。私たちは我が国の救命率の向上を目指し、救急医療における質向上とサービスを提供し、心肺蘇生の普及啓蒙活動などの住民参加型医療を積極的に推進し、国民のだれもが安全・安心して生活できる社会構築を目指し、日々の業務を行って参りました。
 救急救命士制度の歴史を振り返りますと平成3年にマスコミや国民世論の非常に高い関心をよび異例のスピードで国会を通過し救急救命士法の成立がなされました。そして翌年3月、第1回救急救命士国家試験が実施され、3,838名の救急救命士が誕生し救急医療の新たな時代の火蓋が切り落とされました。救急救命士制度の誕生に至るまでの道のりは決して平坦なものではなく、「医師でなければ医療行為ができない」という医師法の厚い壁を破って誕生しました。
 いまや国家資格として国民にも社会的認知を得た現在、救急救命士に寄せられる社会的期待や責任はこれまでとは比較にならないほど大きく、私たちはこの負託に応える責務があります。
 私たちは我が国の救急医療システムの充実と質向上により貢献していくとともに、救急救命士としての生涯学習や相互研鑽に努め、自身の地位・権利向上を図り救急救命士一人一人では解決できない大きな問題や課題に取り組んでいく為に、我が国の救急救命士が一堂に会する職能団体として一般社団法人日本救急救命士協会を設立いたしました。皆様方のご賛同を心よりお願い申し上げます。
 現在、救急救命士を取り巻く環境はめまぐるしく変動・変革をしています。このような状況下で私たちが取り組む必要のある救急救命士制度関連諸施策への課題は、日本の改革の遅さに輪をかけ社会的・組織的・人的弊害が複雑に絡み合い山積しています。
 救急医療システムは国民ひとりひとりの問題であり、決して行政機関だけでの問題ではありません。“国民の生命を守る”という立場からすべての役員ならびに会員が自由にかつ責任ある議論を重ねながら誠意を尽くし一致結束し、救急救命士制度改革に向けて新しい時代を築いて行かねばなりません。我が国におけるすべての救急救命士が本会に集い、社会の趨勢と期待に応えることのできる協会を作るという歴史的な一大事業に参加いただけますよう、切にお願い申し上げる次第です。
              
              一般社団法人 日本救急救命士協会理事会

2010年02月21日

東京西徳洲会病院で救急救命士を募集

医療法人徳洲会東京西徳洲会病院で救急救命士を3名募集している。

救急医療崩壊の防波堤として救急救命士の能力を活用して病院で活躍
したいと考えている人はぜひ応募して欲しい。

(応募資格)
・平成22年3月卒業見込(救急救命士資格取得見込者)
・既卒の救急救命士免許取得者

(応募方法)
提出書類 1.成績証明書 2.卒業見込証明書 3.履歴書 4.健康診断書

提出先 看護部宛

受付期間 平成22年1月15日 〜 平成22年3月31日


東京都昭島市松原町3丁目1-1

2009年10月21日

全国赤十字病院で初の救急救命士を募集

栃木県の足利赤十字病院で全国に92存在する日本赤十字病院のなかで、最初に救急救命士を医療職として、来年(平成22年)4月から病院内で採用することが決定した。


病院の母体である日本赤十字社は、国の指定救護団体であり国民の社費により運営されている特殊法人である。

これを機に全国各地の赤十字病院が救急救命士の採用を行い、赤十字災害救護班の一員として災害現場に出動したりドクターカーの運用や救命救急センターにおいてたくさんの人命を救う日も夢ではない。

足利赤十字病院の救急救命士採用は、我が国の救急救命士の職域拡大を加速化させる大きなチャンスになるであろう。

ぜひ、医療機関で活躍したい救急救命士は、積極的に応募してほしい。

詳しくは、足利赤十字病院HP
http://www.ashikaga.jrc.or.jp/

2009年08月24日

にっぽん紀行「隊長は82歳〜新潟・ライフセーバーたちの夏〜」

“海の守護神”と呼ばれる82歳の現役ライフセーバーがいる。新潟県の瀬波温泉海水浴場で30年、水難救助隊の隊長を務める本間錦一さん。海を知りつくした彼が育てたライフセーバーは100人余り。海に潜む思わぬ危険や、命を守る仕事の重みを本間さんから学んできた。2009年の新入隊員は本間さんから何を受け継ぐのか? 隊長とライフセーバーたちのひと夏を見つめる。案内人は俳優の藤岡弘、さん。
NHK総合
放送日:平成21年8月25日(火)
放送時間 :午後7:30〜午後7:58(28分)

最新のブログ 

2010年03月01日

『六次の隔たり』

救急医療システムも然りおおよそシステムと名の付くものは、全て人とのつながりが基本であり重要である。


アメリカ国内に住んでいるまったく連絡先を知らない人に手紙を出して、何人を経由したらその人に手紙を届けることができるかという実験をご存知だろうか?

この実験は、イェール大学の心理学者スタンレー・ミルグラム教授によって1967年に行なわれたスモールワールド実験である。

『六次の隔

  … 続きを読む →